在宅ワークを希望する人へ、私の在宅ワークの始め方。

自宅で働いています。在宅勤務というと、

「在宅ワーク」

「主婦がスキマ時間にプチ稼ぎ」

みたいなイメージあると思いますが、

マジでガチで働いています(笑)。

普通のパートと変わらないぐらいの収入になっています。

私の在宅勤務の始め方、ご紹介します。

在宅勤務とは

その名の通り、「自宅で働くこと」ですね。でも、スタバなど外出先でもできますよ。

オフィスに行く必要がない仕事、と捉えてもらっていいと思います。

 

在宅勤務でできる職種

基本は「パソコンでできる作業」なら何でもです。

「内職」の場合はパソコンを使わない仕事もありますが、一作業0.3円みたいに低単価です。

内職は近所の工場みたいなところで新聞の間に挟まっている求人チラシなどで探すことができます。

私が言っている「在宅勤務」はクラウドソーシングで見つけました。

 

在宅勤務のメリット・デメリット

在宅勤務のメリット

メリットは何と言っても、自宅で仕事ができることです。

化粧も不要、通勤も不要、無駄な時間は全くありません。快適すぎます。

また、自分の好きな時間を作業に割り当てることができます。

例えば、子供が小さく幼稚園の送り迎えがあっても、ちょっと抜けるぐらいなら可能です。

夕飯の支度もできます。洗濯物を干したりもできます。

介護をされている方は、介護の合間に仕事ができます。

時間の配分が自分でできるのです。

 

在宅勤務のデメリット

デメリットは、「単価が安い」ことです。

パートで外に出ると、だいたい時給は900円ぐらいですが、

在宅勤務だと時給換算して400円〜600円ぐらいです。

最初は多分、400円スタートですね。

短時間でお金を稼ぎたい場合は在宅勤務は向いていません。

また、初期投資は自分になります。

パートで事務に出ると、パソコンなどは会社の備品を使えますが、

在宅勤務の場合はパソコンは自分で用意しなければなりません。

 

在宅勤務は誰でもできない

在宅勤務は誰でもはできません。

何故かというと、基本は「即戦力」を求められるので、

何のスキルもない場合はそもそも雇ってもらえません。

雇ってもらうために「何ができるか」をアピールする必要があるので

「一生懸命頑張ります!」とか「やる気はあります!」

とか感情論を出しても相手にしてもらえません。

あと、「スマホでできますか?」とか聞く人は論外です。

スマホで仕事はできません。

「このソフトは使ったことがないのでよくわかりません」

なんて言っても誰も助けてくれません。

 

在宅勤務はそんなに甘くない

在宅勤務は、自己管理ができる人でないと難しいです。

会社なら拘束時間がありますのでその時間でしょうがなく(笑)やりますが

自宅だとテレビをダラダラ、家事をダラダラ、いくらでもサボれます。

夕方になって何も作業が進んでいないということは有り得ます。

また、わからないことがあっても聞ける人は基本的にはいません。

自分で調べて解決する力が必要です。

 

 

これから在宅勤務を希望する人へ

散々脅してしまいましたが、本気でやりたい人はきっと受け入れてくれる企業はあります。

そして本気なら、自分で学んでスキルを身につけることはできます。

在宅勤務で求められるスキルって、実は低いのです。

それは逆に当然で、単価が安い代わりに雇主はそこまで求めてきません。

でも、それに甘えず、期待を超える成果を出していくことが

「あなたを雇った価値」を感じてもらえます。

単価UPもしてもらえます。

 

何が出来れば在宅勤務ができるのか

以下、マジのガチ(笑)の在宅勤務を希望している人の望まれる環境やスキルを列挙します。

正直、使って慣れればすぐ出来るレベルです。

このぐらい頑張れ無いと在宅勤務は難しいです。

自分のパソコンにインストールして触ってみましょう。

 

・インターネット環境

必須です。データのやり取りはインターネットにつながらないとできません。

できれば光環境がいいですが、回線が早いならADSLでも構いません。

 

skype(スカイプ)

インターネット電話です。音声通話はもちろんですが、チャットやビデオ通話もできます。

 

chatwork(チャットワーク)

チャットツールです。メールのやり取りでは連絡事項に時間がかかります。

チャットならすぐメッセージを送れます。

 

gmail(ジーメール)

webメールですが、これが使えないと「・・え?」という反応をされます。

 

 

DROPBOX(ドロップボックス)

大きいファイルをやり取りします。みんなとファイルの共有ができます。

 

 

google chrome

ブラウザです。軽いので使っている人が多いです。IEを使っているとみんなと操作や動きが違うので微妙です。

 

 

Microsoft Excel

Excelは深いところまで追求すると果てしないですが、在宅勤務に求められることは

コピー、ペースト

表を作る

関数を幾つか使える

このレベルです。これができないと話になりません。

 

 

google スプレッドシート

Excelみたいなものですが、オンラインで作業します。

在宅の場合は結構使っている人が多いです。

 

 

Thunderbird

メーラーです。webメールではなく、パソコンでメールを書くソフトです。

 

最後に

今後在宅勤務についてもっと深く書いていきますので、在宅勤務に興味ある人は是非読んでみて下さい。