独身時代、貧乏旅行をよくしていました。ドミトリーにもよく泊まりました。
そんなとき、「あれがあったらな」というのが多くありました。

自宅に戻ればあるのに(もしくは100円均一で買えるのに)、

現地で定価で買う気になれず、我慢したものがありました。

今回はそのときの記憶をたどって、忘れないようメモ書きしました。

これがあったら10倍快適に過ごせる!!っていう裏技的なものが多いです。

携帯用洗剤

旅先でドミトリーに泊まると案外洗剤が無い場合が多いです。洗濯機設置と書いてあっても洗剤がなかったりします。

薬局がどこにあるかわからない状態では洗濯ができず不安です。一箱買うと重たくなるし、自宅から買っていたほうが無難です。

私は沖縄のドミトリーによく泊ったのですが、薬局なんて近くにないし、コンビニは経済的ではないです。

使えばなくなるものなので持っていきましょう。

洗濯の回数分だけでよいです。1週間のうち一回洗濯するなら1袋のみ。

たこ足コード

枕元にコンセントがあるドミトリーは普通になってきたものの、1~2つしか割り当てられないのはざらです。

コンセントが一つしかない場合非常に困る。

スマートフォン、PC、デジタルカメラ、と思いつくだけで3個はいります。

ガジェットが多い人はモバイルアダプター、モバイルWi-Fi、とにかくコンセントがたりないと不安で仕方ない。

そんな人にはコレ。

かさばるものではないので、どこかのポケットにぽいっと入れておきましょう。

 

救急箱

「箱」なんて大げさなものではなくてOK。ビニールでもジップロックでもいいのですが、

バンドエイドは必須。

ダイビングすると(趣味の一つはダイビング)、ウェットスーツで手や足がすれて痛い。

靴ずれにもいいし、テープにも使えて実はあると優れものなんです。

前回は薬局を探し買いましたが足りなかったので、最初から大量に持っていきます。

 

家計簿アプリ

旅行記を書くときはその日の出費も書きたくなるんですよ。

旅が終わって、
「おおー!!使いすぎ!!」と驚愕?するためにあったら便利。

私は「マネーフォワード」を使っています。

旅行中じゃなくて、日常使いにGOOD!

フリー版で十分です。

家計簿マネーフォワード 銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ

家計簿マネーフォワード 銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

レンタルのWi-Fiを借りるか、買うか

今時携帯の電波が届かないことなんてほとんどないのですが、
趣味が旅行や登山ということもあり、
自分が持っているスマホのキャリアの電波が届かない場所に行くことがあります。

行く先の電波状態を確認することが大事です。

昔北アルプスに登山に行ったとき、
日没過ぎて宿の場所がわからずリアルに遭難しかけました。
でも同伴者の携帯はバリ三(今言います??)だったので、
宿に電話して道案内してもらいなんとか事なきを得ました。今でも思い出すと怖いです。

Wi-Fiを借りるときはいつもこれ。旅には重宝しています。


一日から借りられるのでお得。

単3電池と充電器

スマホ、携帯、PC、結構すぐ充電切れします。カメラや、懐中電灯の充電池など、電源の確保は重要です。

家電を買う時になるべく電池のサイズを合わせておくと地味に便利。

ACアダプタでの充電もいいですが、コンセントがない状況になるんですよ、やっぱり旅先は。

なので電池が安心

普通の乾電池は、よほど田舎に行かない限りどこでも買えます。

なのでこういうのを持っておくとOK。電池でスマホが充電できます。

 

 

電池は、充電池でも、乾電池でもOK。
私はこれを使っています。

 

 

コンセントがあるなら、お勧めはコレ。

いずれにしても、電気周りの環境は、事前調査が必要です。

 

 

 

ビニール袋

これは重宝しました。

ぬれたもの、汚れ物、その他所持品をまとめたいときにあるとなしでは大違いです。

今回は長旅であればなおさら多めに。

Lサイズがいいです。大は小を兼ねる。小さいものは、たいして役に立ちません(笑)。

ジップロックに入るだけ入れていきましょう!

 

日焼け止め

南国の長時間の外出時の日差しは甘くありません!!
そして肌のお手入れを怠った結果は20年後に出ます。私のことです!

おすすめは2パターン。完全ブロックと、ちょっとお肌に優しいものです。

強烈なのはアネッサ。こちらですね。
ただ、これは落とすのが大変です。でも日焼け対策はばっちり。

 

肌に優しいのはニベア
ウォータープルーフになっていますが、
正直汗には弱いかも・・。マリンスポーツではなく、化粧直しができるシーンで使うのがGOOD。

二つを使い分けましょう。

 

虫除けスプレー

これも夏なら日焼け止め同様。
外出先で買えると思いますが、
ついたときに店がしまっている時間だったり、店がないこともあるので。

あるのとないのでは快適さが違います。
おすすめはスキンベープ。もう何年もこれを使っています。
小さい子にも安心。

 

財布(小分け用)

長旅では旅の間の全財産を一つの財布におくのは心配です。。
ロッカーつきの宿をとれば、必要な分だけ現金を持ってでればよいです。
セキュリティボックスがない宿の場合は、

財布は二つ持ち、鞄とポケットなど入れる場所を分けましょう。

使い捨てコンタクト

視力の悪い人に。

眼鏡でもいいんだけど、長旅はいざっていうときがあるので。
ちなみに私はダイビングや登山をしていたので

「いざ」の可能性が大きかったので予備は多め。町を観光旅行する人は平気かも。

私はメガネ+コンタクト(ハード×1 とソフト×日数分 +予備一週間分) を持っていました。
さすがにここまではする必要はないです(汗)。

処方箋なしで気軽にコンタクトレンズが買えます。
消費税なし&処方箋不要【コンタクト@通販】

 

甚平(パジャマ)

絶対いるかといわれればいらないんだけど(笑)、

ドミトリーの中でうろうろするのにつねにGパンは結構しんどかった

休日に宿でぐーたらするためにも必要です。
ブログをリビングで書きたい人はゆったりできる服があるといいですね。

 

以上、ドミトリーで必須と思われるアイテムを書いてみました。

それでは皆さま、快適な旅を!!

おすすめの記事