在宅勤務しています。

今でこそ事務として働いていますが、最初はランサーズのタスクから始めました。

1000文字200円とかの世界ですよ。文字単価0.2円の世界です。

でも今は、生活できる金額を稼げています。

ランサーズで仕事を発注する側(クライアント)でもあるので

稼げるランサーというのが何となくわかってきました。

クライアント側の意見も書いておきます。(ただ、うちの会社の場合なので、うのみにしないように!)

今日は、在宅ワークで月5万円稼ぐ方法を伝授します。

この記事が役に立つのはこんな人

    • 在宅ワークをしたい
    • 「隙間時間におこずかい稼ぎ」ではなく、まとまった金額が欲しい
    • ランサーズでの報酬が低いので、金額を上げたい

ランサーズの登録はこちら。無料です。↓
クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)

 

 

タスクではなくプロジェクトを狙う

タスクだとほとんどがライターですね。

しかも文字単価安すぎです。

時給に換算すると200円。これでは正直、しないほうがましです。

基本的にランサーズはタスクよりプロジェクトの方が継続性があり高単価です。

「初心者だからタスクから・・」などとおじけづく必要はありません。

最初からプロジェクトの案件に応募しましょう。

 

クライアントから一言

最初から「プロジェクト狙い」にするのはなぜか。

発注する側としては、タスクとプロジェクトの切り分け理由は明確です。

タスク・・継続依頼なし

プロジェクト・・継続の可能性あり

クライアントも、いい人材なら継続して仕事を依頼したいのです(理由は後で説明します)。

単価アップ交渉は継続してこそです。ここは迷わずプロジェクトの案件に応募してください。

 

ライター募集より事務員を狙う

ライターは始めやすいのが利点ですが、文字単価が低く、時給にすると報われません。

調べたり、画像をダウンロードしてきたり・・手間ばかりかかります。

楽しいうちはそれでもいいです。でも、そのうちにネタが付きます。

キーワードをもらって書く形式だと、結局ネットで検索しただけの「こたつ記事」になり、

長期間の継続は難しいです。

ではどんな案件がよいでしょうか?

案件の探し方

「在宅事務員」の案件を探す

それは「バックオフィス」とも呼びます。在宅事務員ですね。

ランサーズの場合だと、ログイン後、

仕事を探す→スポット常駐→すべての求人→バックオフィス

の画面です。
→ランサーズで案件を見てみる

「バックオフィス」(事務)で検索すると出社が必要な案件も表示されますが、

「在宅ワーク」「在宅勤務」と記載のある案件にしましょう。

 

募集要項に熱い思いが書いてあるクライアントにする

細かいことを書いてあるクライアントがいますね。

「誠意のある方」「連絡の取れる方」etc・・・

でもこれは、クライアント側からすると、案件にかける真剣度の表れなのです。

うるさくて細かいクライアントだなぁ・・と敬遠しがちですが、

そういうクライアントこそがランサーを大切にし、長期継続を希望していることが多いです。

最初に提示できるものは提示し、ある程度ランサーに判断させる優良クライアントです。

 

「誰でもできる簡単なお仕事」は選ばない

よくありますね、この文言。

でも、こう書くプロジェクトは、使い捨てする気、満々です(笑)。

替えが聞く仕事は、単価アップできません。

単価が安いと言われたら、その金額でやってくれるランサーを探すだけのことです。

長期で働きたい人は、こう言ったプロジェクトは選ばないようにしましょう。

 

妥協できることは妥協する

希望通りの仕事などめったにありません。多少は妥協しましょう。

自分の中で、絶対に譲れないことを決め、

それ以外は「工夫したらできるかも?」の気持ちでいてください。

 

例えば「週2働きたい」と思っても、募集要項は「週3から」とあった場合、

自分は絶対週2でないとだめなのか、週3でもいいのかを考えます。

また、月5万は欲しいと思っていた場合、「月4万から」の仕事だと躊躇してしまいますね。

その1万は妥協できるのか考えましょう。

 

また、「最初の数日は事務所に勤務」などの条件もあるかもしれません。

これも、最初に行けば後は在宅でOKなら、これだけで避ける理由はありません。

 

肝心なことは、

「働くにあたり、譲れない箇所は譲らない。妥協できることは妥協する」です。

あなたの代わりの人はいるかもしれませんが、仕事も星の数ほどあります。

縁がなかったと思って、次の案件を探しましょう!

 

 

クライアント側である私が語る、採用される人

ランサーでもある私ですが、会社ではクライアント側でもあります。

クライアント側としてどういう人を採用するか、その判断基準はこんな感じです。

もちろん、クライアント側もいい人材なら継続したいプロジェクトの場合です。

募集要項をきちんと読む人

正直言って、ランサーネームは採用に影響しません

ポチラブ(♡)」とかいうランサーネームで、写真は愛犬のものだったとしても不採用にはなりません。

募集要項に書いてある、

・こういう提案をしてください

・希望を書いてください

などのクライアントの要求をきちんと募集時に網羅して書くことが出来ているかを重要視します。

 

こういう小さなことで、クライアントは

・指示をきちんと聞き取れるか

・こちらが求めていることを読み取れるか

を判断します。

 

「やる気はあります!がんばります!」だけの人は、それだけで落とします。

 

また、プロフィールは頑張って書く必要はありません

その人の経歴が分かるぐらいでいいです。

細かく書いていても誰も読みません。

 

クライアントにとって大事なことは、プロフィールの充実度ではなく、

「自分の会社にとって必要な人材か」

ということです。

 

よくランサーからの応募に「プロフィールはこちらです」「過去の作品はこちらです」

とリンクを張っているのを見かけますがほぼ読みに行きません

手間をかけるほどの時間はありません。

見て欲しい場合は、応募欄にきちんと記載や添付をしましょう。

 

クライアントも実は継続したい。その理由とは。

「継続案件です」と書いてあっても、なかなか継続しないことが多いですね。

その理由は、そもそも継続じゃなくても「継続案件」と書いたほうがランサーが集まるからです。

 

ただし、私の会社に限って言えば、「継続案件です」と記載したプロジェクトは本当に継続希望です

 

実際継続を希望しているクライアントは他にも無数にあります。

継続しやすいプロジェクトはやはりバックオフィス(事務)などの業種が多いです。

 

一度採用したら、

業務の流れから、作業の方法から全て教えて、

やっと慣れてもらってから仕事をお願いできます。

それまでは教育期間なのであまり戦力にならず、

会社がお金を払って教えているようなものです。

 

そのコストは会社の手出しです。

 

優秀な人材なら、そのまま続けて欲しいし、

そういった初期コストを考えると長く働いてくれた人の時給を上げて

離れていかないようにしたほうが会社もお得なのです。

 

ランサーも時給が上がって会社に実力を認めてもらいやる気もあがります。

継続案件はいいことづくめなんですね。

 

私が働いている会社では、半年後に月給が2万上がったランサーがいました。

もちろん仕事ができる人です。よく気が付いて意欲的に業務をこなしてくれています。

 

ちなみに私も、一番最初のプロジェクトから報酬が10倍に上がっています。

(10万が100万になったわけではないよ、念のため)

プロジェクト案件は一期一会。その仕事がいつも募集されているとは限らない。

私が働いている会社は、私がいうのも何ですが(笑)、ランサーに優しい会社です。

ランサーを評価して大切にしてくれるボス(社長)には感謝し、尊敬しています。

 

いい会社だからなのか、長期で働く人が多く、もう1年以上ランサーズに募集をかけていません。

会社は結婚と同じで、縁です。次も同じ会社が募集をしているとは限りません

 

むしろいつも募集している会社は避けるほうがいいぐらいですね。

いいと思った会社はすぐに応募して下さい。

 

次にランサーズを開いたときにはもう募集していないかもしれません。

いいご縁がありますように!

→ランサーズの無料登録はこちらから


クラウドソーシング「ランサーズ」

 

 

おすすめの記事