在宅勤務してます。作業のお供に音楽や動画をよく流しています。

MP4に音ズレがあったら気持ち悪いですよね。

音ズレ修正機能のあるフリーソフトを探して、神ツールに出会いました!

これで動画再生が幸せになります。全て無料!

こちらです。

Avidemuxとは

使うのはMp4の音ズレ防止と、不要な個所(CM部分)のカットです。

Avidemuxダウンロードとインストール

ダウンロードページ

の、「FossHub」をクリックするか、

 

 

こっちのダウンロードページ

Download Avidemux Win64 Installer」をクリック(windows10)。

Win10の人は「Download Avidemux Win32 Installer」でもOK。

インストールは普通にやってください。

Avidemux の日本語化

TiltStr様のサイトから、日本語言語ファイルをダウンロードしてください。

DOWNROAD」ボタンをクリック。

 

Avidemux日本語化設定

1.解凍した「avidemux_ja.qm」ファイルを、

C:\Program Files\Avidemux 2.7 - 64 bits\qt5\i18n」へ上書き(64bit版の場合)。

2.Avidemuxを起動して、

メニュー→Edit(編集)→

Preferences(環境設定)

User Interface タブ(UI設定タブ)内の

[ Language(言語) ] で

「System language(システム言語)」 を選択、 「OK」 ボタンを押します。

もう日本語になっていてすみません(汗)。でも位置は一緒だよ。

 

Avidemuxで音ズレ修正

もうね、ここからが簡単すぎて泣きそうです(笑)。

音声出力の箇所の「シフト」にチェックをいれて、音声を何ms早めるか、遅めるか設定します。

 

 

その後出力ファイル形式を選択します。今回はMP4。

 

 

保存ボタンをクリックして、保存したいフォルダを選択すれば出来上がり。

音ズレが修正された動画を見た時の感激は忘れません。

Avidemux 保存時 too short が表示された場合

Avidemuxで保存する時に

「短すぎる」

「短すぎます。ビデオは保存されますが、相互性が不十分です」と表示された場合は、

AvidemuxのバージョンをV2.7.1以上にアップデートしましょう。

「too short」が表示される不具合はV2.7.1以降で改善されています。

 

日本語化ファイルもありますよ。

 

時間が無くなったので今日はここまで。

 

こちらもどうぞ

 

次回

不要な動画のカット

について追記します。こちらも超簡単。ほんとに神アプリです!

 

おすすめの記事