この記事が役に立つ人

  • python初心者
  • PyCharmインストール済
  • seleniumを使ってブラウザをスクレイピングしたい

Webサイトへのログインを簡素化したい

思いはそれだけです(笑)。仕事がルーチンワークなんですが、どうしても同じ作業を何度もくりかえさないといけないので、効率化の一環です。

pythonを使います。

 

環境・実行条件は以下です。

  • IDE(開発環境)はPyCharm。デフォルトのインストールフォルダです。
  • google chromeを使用し、webサイトへのログインを試みます。
  • Windows10環境です。

 

ではさっそく行きましょう。

 

 

seleniumのダウンロード

 

PyCharmの「設定」を選択

PyCharmの「設定」を選択します。

PyCharmのバージョンは、2018.2.2(Community Edition)です。

 

パッケージを検索

設定画面から、

「プロジェクト」を選択し

プロジェクト・インタプリタ」を選択します。

すると、右側に今PyCharmに入っているパッケージが表示されます。

 

パッケージを追加

画面の一番右に、「+(プラスのアイコン)」が表示されます。

それをクリック。

 

 

 

検索して、「パッケージのインストール」をクリック

「selenium」と入力すると、インストールできるパッケージが表示されます。

リストに表示されている「selenium」クリックして選択し、

パッケージのインストール」をクリックします。

 

 

パッケージを確認

seleniumがインストールされているかを確認。

 

 

 

これでPyCharmへのseleniumのインストールは完了です。

次に、動作に必要なchromedriverをダウンロードしていきましょう。

chromedriverをダウンロード

以下のページに行きます。

chromedriverダウンロードサイトへ

http://chromedriver.chromium.org/downloads

 

ChromeDriver 2.41をクリック

バージョンが違うかもしれませんが、常に最新のものでOK。

最新のものは、「Latest Release:」と書いてあるものです。

 

 

 

chromedriver_win32.zipをクリックしてダウンロード

環境に合わせてダウンロードしてください。

windows10 64bit版をお使いの人も「chromedriver_win32.zip」で問題ありません。

 

ダウンロードした「chromedriver_win32.zip」を解凍する。

 

解凍すると、

「chromedriver_win32」というフォルダができ、中には「chromedriver.exe」という実行ファイルが入っています。

これをわかりやすいように、「chromedriver_win32」フォルダごと「C:\Drivers」直下にコピーしましょう。

こんな感じになります。

C:\Drivers\chromedriver_win32\chromedriver.exe

このPathは、PyCharmでchromedriverを使う際に設定しますので、忘れないようにしてください。

 

では、実際のコーディングにうつっていきましょう。

コードはこのように記載すればOKです。

from selenium import webdriver

#ドライバの場所
path = "C:/Drivers/chromedriver_win32/chromedriver.exe"   

DRIVER_PATH = os.path.join(os.path.dirname(path), "chromedriver")
url = "https://abc.com/homepage.html"
browser = webdriver.Chrome(DRIVER_PATH)
browser.get(url)
おすすめの記事